2020年5月17日(日):曇りのち時々晴れ。今日は才ヶ原林道を北から南にパトロールした。ルートは、駅⇒瀧安寺⇒滝道⇒箕面大滝⇒政の茶屋⇒才ヶ原林道⇒才ヶ原池⇒風の杜⇒西江寺⇒駅(約10km)。

 千本坂は輝く緑があふれて美しい。大日駐車場向いの箕面川沿いにジャケツ(蛇結)イバラが黄色い花をつけていた。このトゲは痛いぞ~~。バラのトゲよりはるかに痛い。しばらく歩くとピンクの花が目に入ってきた。これはタニウツギ。百年橋の近くと才ヶ原林道の数カ所で咲いている。才ヶ原林道のあちこちにニセアカシア(和名:ハリエンジュ)の白い花が咲いている。日本には1873年に渡来したそうだ。用途は街路樹、公園樹、砂防・土止めに植栽、材は器具用等に用いられる。生命力が強く、箕面の山にもアッと言う間に広がったと聞いている。ついでに紹介すると、石原裕次郎や西田佐知子の歌に出てくるアカシアはこのニセアカシアのことだそうだ。

 この時期、箕面山のあちこちには薄ピンク色のツツジが咲いている。これはモチツツジで、萼をつまむと餅のようにネバネバするのでモチツツジと言う。最後はようやく見つけたノダフジである。今年は雨が少なかったせいでフジの花は近年にないほど花付きが悪かったようだ。中には咲きかけて途中で枯れてしまったものもあると聞いている。人間はコロナで大変だが、自然もなかなか大変である。


  2020年5月8日(金)晴れたり曇ったり。今日は世にも不思議な花を紹介しよう。花の名前はハナイカダ(花筏)。椿の葉よりも小さい葉の上に花柄もなく花が咲く。花菖蒲やチューリップの茎がないようなもの、人間でいえば首がない・・お相撲さんには失礼だがお相撲さんの首をさらに短くしたような体型になる。花も淡緑色なのであまり目立たない。

咲いている場所は箕面国定公園内だが、上記のように花が目立たないので気が付く人は少ない。ブログに載せると見たい人が殺到して三密になるので書きません。是非見たい人はMVクラブのガイドに聞いてください。

 webによると、秋には黒真珠のような実を結ぶ。この実をヨメノナミダ(嫁の涙)と呼ぶそうだ。嫁いだ家で悲しい思いをした嫁が、人に隠れて流した涙がハナイカダの葉に落ちたものだという言い伝えがある。昨年はこの黒真珠を見たいと思い、何度も現地に足を運んだ。しかしモミジの季節が過ぎ冬になっても黒真珠はできなかった。先輩ガイドのKuさんに聞いたら、「いとりん、いくら待っても見れないよ」と笑われた。実は、ハナイカダは雌雄異株で、黒真珠ができるのは雌株のみ。ここのハナイカダは雄株なので実はできないのだそうだ。残念ながら箕面山には雌株はないそうです。


 2020年5月4日(月)曇りのち、時々晴れ。

 才ヶ原のウワミズザクラの花のピークは、既に過ぎたが標高が高いようらく台の近くでは今が満開。

写真①~②ようらく台から堂屋敷に向かう道路端のウワミズザクラ、③~④は、その奥にある大木。⑤~⑥はダム左岸で見つけた青年のウワミズザクラ、立派であるし、勢いもある。それぞれ、遠景・中景をアップした。見たことがない人は是非観て欲しい。


 4月5日(日)クルマでパトロールしました。①エキスポの森 ②箕面ダム ③止々呂美坂 ④箕面森町のサクラです。


 2020年4月4日(土) 才ヶ原林道の定点観察・桜情報第五弾です。林道はエドヒガン、ヤマザクラが満開。瀧安寺、広場はサクラとコブシが満開。行者堂前のシダレザクラも満開ですが、後期高齢者になって痛々しい程、ヨボヨボです。それでも頑張っているところを見てあげて!

 聖天展望台の上、府道カーブのカスミザクラは、花芽が出てきたところで開花は2週間後でしょうか? ウワミズザクラ、イヌザクラは月末でしょう?

 花見も自粛ムードですが、パソコンなどの前に酒やおつまみを並べて、写真や動画を見ながら一人で盛り上がる?「エア花見」が流行している様だが、私の写真で箕面山に花見に行ったつもりになって戴ければ幸いです。MVGのハイクは、飲酒厳禁ですが、エア花見には禁止ありまへん。くれぐれも飲みすぎには注意してや~ 


  2020年4月2日()曇り一時雨。昨日からの嵐が去ったので今日は、才ヶ原林道にパトロールに出かけた。

ルートは、西江寺⇒才ヶ原林道⇒こもれび展望所⇒林道⇒政の茶屋⇒車道⇒杉の茶屋⇒箕面大滝⇒滝道⇒箕面駅。このコースは、桜三昧コースと呼んでいるサクラのおすすめコースである。エドヒガン、ヤマザクラ、カスミザクラ、イヌザクラなどが次々と咲き、一カ月にわたり楽しむことができる。

 西江寺裏から聖天山に入るとコバノミツバツツジが鮮やかな紫色で迎えてくれた。聖天展望台から北を見ると、箕面山の山腹のここかしこに白いサクラを見ることができた。風の杜あたりでは、紫色のツツジとピンクのヤマザクラのコラボが美しい。才ヶ原林道と府道交差点付近のエドヒガンは満開となった。周辺のモミジの若葉も萌えてきて美しい春色になってきた。

林道クランク地点のエドヒガンの大木は満開だった。ただしバックが白い雲だ! やはり桜には青空が欲しい。 

 政の茶屋の前には、「舞妓さんのカンザシ」と呼んでいるキブシがたくさんの花序をつけていた。


  2020年3月29日(日)曇り時々晴れ。雲が多い空模様だったが雨が上がったのでパトロールに出かけた。

前回から4日目なので、かなり開花が進んでいた。おなじみの定点観測情報をお届けします。

才ヶ原林道・府道交差点、②大日P北壁 ③④⑤杉の茶屋 ⑥止々呂美坂 ⑦⑧⑨箕面森町西谷 

いずれもまだツボミもあるので4月4日()、5(日)も十分楽しめると思います。 


 2020年3月25日(水)晴れ。晴天に誘われパトロールに出かけた。午後所用があったので、車を使った。まずは杉の茶屋。予想以上に開花が進んでいた。大日Pの北斜面はチラホラ咲きで、まだ一週間はかかりそう。政の茶屋に車を止め、ダム湖を一周したがまだツボミ固し。その後止々呂美に向かったが、ここもチラホラ咲いてはいりもののまだまだの感じ。満開は一週間先になりそう。 

 最後に箕面森町の西谷(箕面森町と東ときわ台の間の谷を勝手に西谷と呼んでいる)に向かった。ここはエドヒガンが群生しているところで、花見ハイクには最高のスポットだ。開花はまだまだだろうと予想して行ったが、なんと満開近いサクラがたくさんあった。 これから一週間~10日間は見ごろだ。市内からは少々遠いが、ハイキングには最高だと思うので是非行って欲しい。 

 政の茶屋ではトサミズキ、ヒュウガミズキの黄色い花が迎えてくれた。そろそろカタクリも咲くだろう。 



さぁ、はじめましょう!

Jimdoで、世界でたったひとつ、あなただけのホームページをつくりましょう。クリック&タイプ操作で、画像やフォームなどのコンテンツ追加、文章の作成、編集が驚くほど簡単にできます。 ソーシャルボタン、ブログの作成も対応しています。