2018/2/10(土)の自主研修「国定公園・展望台巡り」の下見をしてきました。ちょうど26日夜~の降雪で箕面の山には結構な残雪があり、めずらしい雪中ハイクを楽しみました(ルート:駅~滝道~①桜広場展望台②瀧安寺裏展望台~化石谷~③望海展望台~林道~④こもれび展望所~ばばたれ~政の茶屋~研7~⑤エキスポの森展望台~研7~政の茶屋~林道~⑥雲隣展望台~ 林道~風の杜~⑦聖天展望台~駅)。所用時間は9:30~15:30と予定通りでした。



こもれびの森・尾根道の倒木。

いよいよ2017年の紅葉が始まりました。


2017年7月1日()曇り。 昨夜までの豪雨がようやく上がったのでわが庭の泉水の様子を見に行った。 我が家の庭は離れになっていて、自宅からは約8kmある。 泉水のまわりはクマノミズキの花が満開になり、泉水はまるで「白の湖」になっている。 いとりんがガイドになったころ、初めてクマノミズキの花を見て「白いアジサイが咲いている」と言って先輩ガイドに笑われた。 遠方から見るとアジサイに見間違う花だが、木は10m以上にもなる。 わが泉水の周りのクマノミズキはほとんどが10m以上の高木に育った。

 一周3kmの泉水の周りをウグイスの声を聞きながら歩く。 左岸では珍しく三光鳥が啼いていた。 ラッキー! 三光鳥はツキ(月)ヒ(太陽)ホシ(星)ホイホイホイと啼くのですぐわかる。 数年前、箕面滝道で営巣したことがあったが、心無いカメラマンが押し寄せて、以来滝道には来なくなった。 全員が悪いわけではないが、マナー違反のカメラマンが増えたのは事実で、困ったものだ。 今日は数年ぶりに声を聴き、本当にラッキーだった。 近くではナツツバキがようやく可憐な花を咲かせ始めた。 ツボミがたくさん咲く準備をしていた。 

 とにかく、今は才ヶ原から箕面ダムにかけてはどこでも白い花が満開です。 梅雨の時期は山も足が遠のきがちですが、梅雨の時期こそ絶好機ですよ!


政の茶屋園地前の箕面川で見られた特別天然記念物「オオサンショウウオ」(左写真)。 瀧安寺行者堂本殿南側に咲く市の花「ササユリ」(右写真)です(2017/6/4)。


今、箕面山は花の時期である。フジは過ぎてしまったが、白いニセアカシアの花、黄色のジャケツ(蛇結)イバラ、ピンクのタニウツギなど色とりどりの花が咲いている。加えてモミジの種(プロペラ)なども見れるよ。遊びに来て~